ボタン 東安房漁業協同組合

さざえ

2015/11/30

さざえ

<刺身>

  • (1)
  • 具とフタの間に果物ナイフやスプーンの柄など差し込み、ねじ切るように身を引き出す。
  • (2)
  • 引き出した身はフタを取り、ワタを切り離し身を薄くスライスする。わさぎ醤油でどうぞ。
  • (※)
  • ワタは少し苦みがありますが、醤油、砂糖、たっぷりの酒で煮るとおいしくいただけます。

<つぼ焼>

  • (1)
  • 活さざえを網にのせ中火で焼き、煮たってきたら3分程焼き、仕上げに醤油を1、2滴落とし 火からおろし金串などで取り出す。
  • (※)
  • 煮たつ前に醤油を入れますと身を取り出しにくくなります。

<茹でさざえ>

  • (1)
  • 鍋にさざえを入れたっぷりの水と塩を1つまみ入れ、火にかけ煮たってきたら、5~10分(大きさによる)茹でる。

簡単に身を出す方法

  •  ★
  • 活さざえを割る時は、テキ(フタ)を上にしてカラの厚い部分を金槌で一撃すると身の中にカラがささりません。
    タオルか新聞紙に包んで割るとカラがとびちりません。

※ 酢の物、かき揚げ、たきこみご飯等いろいろな調理方法でお召し上がり下さい。


コメント

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。